運営組織

運営について

ドーピング・ガードサービスは、以下の組織によって運営されております。

ドーピング・ガードサービス最高責任者
株式会社アトラク代表
遠藤 敦
薬剤師 / 公認スポーツファーマシスト

株式会社アトラクはドーピング防止の専門会社として2011年に産声を上げました。創業当初から多かった相談は、サプリメントの安全性の是非の確認。

日本には、アスリートなどにすすめたいサプリメントが数多く存在するものの、ドーピングに対する安全性が確認されているものがほとんどありませんでした。また、分析や保証をしてくれる窓口もなかったのです。 そこで、(株)アトラクは識者の方々と分析機関と共に、ドーピング・ガード保証制度を確立しました。日本の科学技術、栄養学、そしてアスリートの力を結集した本制度をぜひご活用いただければと思います。

学術アドバイザー
武庫川女子大学 薬学部 博士(薬学)
三浦 健

リオオリンピックの開催を通じて、ドーピング問題にますます注目が集まるようになりました。 残念なことに、ドーピング禁止規定に違反した選手は、そのドーピングが意図したものでなくても、これまでの競技人生そのものが否定されたかのような視線でみられてしまいます。

このような状況の中で、スポーツ選手は何を信じてサプリメントを購入し、製造会社は何をもってスポーツ選手にすすめればいいのでしょうか。 せっかくの努力や栄光を台無しにさせたくない。 スポーツ選手がドーピング問題に怯えることなく正当に評価される環境を提供したい。 私たちの提供する「ドーピングガード」が、そのような思いを受け止めるものであれば幸いです。

【運営窓口】
株式会社アトラク  「ドーピング・ガード」サービス担当
TEL:03-5579-8996
Mail : info@atraq.co.jp