コラム

フロセミド

コンタクトレンズの保存液が原因?キスでドーピング?

2018年平昌オリンピック開幕直後、スピードスケート・ショートトラック男子日本代表の斎藤慧選手から「アセタゾラミド(Acetazolamide)」という利尿薬が検出され、失格になったことはまだ記憶に新しいのではないでしょ…

ドーピング違反事例TOP5とその副作用

平成19年度から平成28年度のうち、国内で報告されたドーピング違反事例を見ると、最も多かったのは蛋白同化薬でした。次いで興奮薬、利尿薬と隠蔽薬、糖質コルチコイドと続きます。 今回は日本アンチ・ドーピング機構のドーピング違…