コラム

すべての記事

スポーツファーマシストに相談していない選手は危険すぎる!?

このところ、ドーピング違反に関するニュースが度々報道されていますが、皆さんはドーピングの現状についてご存知ですか?今回は日本におけるドーピングの現状と、うっかりドーピングを防ぐための対策について解説していきます。 ■ドー…

スポーツサプリメントを選ぶ時の注意点

健康食品・サプリメント市場規模 株式会社インテージによると2017年度の日本の健康食品・サプリメント市場規模は対前年0.6%の微減で1兆5624億円でした。一方、ヘルスケアフーズ市場においては拡大傾向にあります。2015…

コンタクトレンズの保存液が原因?キスでドーピング?

2018年平昌オリンピック開幕直後、スピードスケート・ショートトラック男子日本代表の斎藤慧選手から「アセタゾラミド(Acetazolamide)」という利尿薬が検出され、失格になったことはまだ記憶に新しいのではないでしょ…

WADAは何をしている団体?

WADA、JADA、IOCなどドーピングには様々な団体が関連しています。今回はWADAにフォーカスをあて、存在意義や事業内容などについて解説します。 ■WADAができた理由 スポーツにおける最古のドーピングの記録は186…

競泳選手がサプリメントでドーピングに!気を付けることは?

2018年1月、昨年9月に開催された日本学生選手権水泳競技大会(=インカレ)に出場した21歳の男子競泳選手の検体から「興奮薬」が検出されたという報道がありました。 原因は、使用していた海外製のサプリメントに興奮薬が混入し…

澤さんも使っていたピル。ドーピングの可能性は?

2017年12月、女子サッカー元日本代表の澤穂希さんが現役時代、生理周期をコントロールするために「ピル」を服用していたことを明かしました。 海外チーム在籍時、チームメイトの多くが生理周期をコントロールするために日常的にピ…

湯元選手の対戦相手が使用したトゥリナボルとは?

2017年11中旬、日本のレスリング界にとっては嬉しいニュースが舞い込んできました。 北京オリンピックのレスリング男子フリースタイル60kg級で銅メダルを獲得した湯元健一選手が、繰り上げ措置として銀メダルを受賞することに…

一体何もの?スポーツファーマシストとは

先日、2020年東京オリンピック・パラリンピックの薬剤師の募集要項があまりにもブラックであると、web上で話題になりました。 応募要件としては、「スポーツファーマシストの資格を持っていること」「英語で患者対応(服薬指導)…

もしもドーピング検査で陽性結果が出たら

ドーピング検査の結果、もし陽性結果が出てしまったら、アスリートはその結果を鵜呑みにするしかないのでしょうか?それとも弁明の余地はあるのでしょうか? 今回は陽性結果を告知された後、どうなるかについて解説します。 ■再分析を…

来年からはどう変わる?2018年禁止表国際基準

2017年9月29日、WADA(世界アンチ・ドーピング機構)より「2018年度禁止表国際基準」が発表されました。 今回は、昨年度の禁止リストと比べてどの点が変わったのかを解説していきます。 ※原本はあくまで2018年禁止…