検査内容

禁止リストについて

WADAの規定するドーピング禁止リストに記載されている物質は約250品目(2016年現在)。そのリストは公開されているものの、曖昧な表現などがあるため、そのまま使用することはできません。
そのため、本サービスではアメリカとイギリスの第三者認証機関が利用する禁止リストを参考に、国内のドーピング研究の第一人者などを迎えた専門学術チームと共に日本用にカスタマイズし、分析・認証に利用しています。

検査物質一例

  • 1,4,6-Androstatrien-3,17-dione
  • 1,4-Androstadiene-3,17-dione
  • Methyltestosterone
  • 17β-Hydroxy-17-methylandrosta-1,4-dien-3-one
  • 19-Nor-4-androstene-3,17-dione
  • 19-Noretiocholanolone
  • 4-Androstene-3,17-dione
  • 4-Androsten-3,17-diol
  • 5-Androstene-3,17-dione
  • 5-Androstene-3,17-diol
  • Boldenone
  • Bumetanide
  • Clenbuterol
  • Dexamethasone
  • Hydrochlorothiazide
  • 4-Methyl-2-hexylamine
  • Nandrolone
  • Oxandrolone

分析機関について

分析機関は複数存在しますが、主に医薬品や化粧品、エレクトロニクス分野などの分析を行っている大手分析機関に委託しています。