コラム

禁止表国際基準

2019年度禁止表国際基準(非公式翻訳版)

先日WADAより、2019年度版禁止表国際基準が発表されました。これに伴い、弊社では禁止表国際基準の非公式翻訳版を作成しました。

ファイルはこちら>

主な変更点は以下です。

<2019年版禁止国際基準の主な変更点>
・PRP療法(多血小板血漿療法)に関する記述が明確化された。
・遺伝子ドーピングの多様化に伴い、タイトルが変更した。
・メチルヘキサンアミンの類似体が明記された。
・アジア諸国で風邪薬として使われるケースが多いことからトリメトキノールが明示された。

今回の禁止リスト選定には、健康食品に関する考察が強く盛り込まれているように考えられます。
なお、本翻訳は非公式のものとなります。本件に関することは当社では一切責任を負いませんので、予めご了承ください。