コラム

ベータ2作用薬

平成29年度ドーピング違反事例

今回は、平成29年度にJADA(日本アンチ・ドーピング機構)のアンチ・ドーピング規律パネル決定(ドーピング違反事例)で判明したドーピング物質を対象に、ドーピングが起きた原因についてご紹介します。 平成29年度に国内で報告…

喘息治療薬によるドーピング

「喘息の治療薬には十分注意をしてください」アスリートであれば、こういった指導を一度は受けたことがあるのではないでしょうか。これは喘息の治療にドーピング禁止物質である「ベータ2作用薬」が用いられるからです。では、ベータ2作…

ドーピング違反事例TOP5とその副作用

平成19年度から平成28年度のうち、国内で報告されたドーピング違反事例を見ると、最も多かったのは蛋白同化薬でした。次いで興奮薬、利尿薬と隠蔽薬、糖質コルチコイドと続きます。 今回は日本アンチ・ドーピング機構のドーピング違…

ジャマイカはなぜ失格に?原因はメチルヘキサンアミン

2017年1月25日、2008年北京五輪のドーピング再検査をしたところ、ジャマイカの陸上男子短距離、ネスタ・カーター選手から禁止物質「メチルヘキサンアミン」の陽性反応が出たことを受け、400メートルリレーで優勝したジャマ…

ヒゲナミンは元から禁止物質の一つ

「龍角散ののどすっきり飴*」で話題にのぼったドーピング禁止物質「ヒゲナミン」。今回はヒゲナミンについて解説します。 Higenamin(ヒゲナミン)とはTinospora cordifolia(ティノスポラ・コルディフォ…